MS Officeを(なるべく)使わないと決めた理由

スクリーンショット 2014-01-26 23.46.32
 いや、別にヘイトスピーチがしたいわけでも、Googleからお金をもらっているわけでもないですが。サービス開始時から度々使っている『Google Drive(Googleドキュメント)』がここ最近便利になりすぎてきました。きっかけはやはりQuickOfficeがスマホに対応したり、スマホ・タブレットの2大OS“iOS”と“Android”のアプリGoogle Driveがちゃんとした機能を持ってきたからでしょうか。

 以下、カンタンにGoogle Driveを日常的に使うメリット、デメリットをあげてみました。

メリット

  • 無料で使える。(MS Officeはパワポなしの『Office Personal 2013』でさえ直販価格3万1290円)
  • OSを選ばない。(MS OfficeはWindowsとMacのあいだで機能差がある)
  • スマホでも作成・閲覧できる(MS純正のOffice365アプリでさえ、まともに表示できない)
  • 共有してから編集できる。(「あ、あの部分間違えてました!」って言って、同じようなファイルを送る必要がない。バージョン管理ができる)

デメリット

  • 相手から届いたOfficeファイルの再現性が保てない(文字は読める程度と考えよう)
  • 細かな書式設定ができない。(書式というか装飾?レイアウト的な)
  • Officeファイルへの出力が正しくできない(相手から要求されたとき大変かも)
  • Google Driveを知らない相手への説明がめんどう

 と、全面的にGoogle Drive(ドキュメント)がいいね!とはいえない状況です。というわけで、2014年はひとまず試験期間と言うことで続けてみます。感覚的には、キャリアメールからGmailへ移行したときと似ているかもしれません。

●Amazonで関連商品を買う

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest