双数姉妹「サヨナラ」観劇

今日は僕が初めて見た演劇団体さん
双数姉妹(そうすうしまい)さんの「サヨナラ」にお邪魔しました。

双数姉妹
http://www.duelsisters.com/

場所は、前回と同じく「赤坂RED/THEATER」です。

[googlemap lat=”35.67548080042718″ lng=”139.7372129559517″ align=”center” width=”400px” height=”200px” zoom=”18″ type=”G_NORMAL_MAP”]東京都 港区赤坂3丁目10-9[/googlemap]

双数姉妹はなんというか、いっつもいっつも難しい!

個人的には「哲学くさい」だったり、
「説教臭い」「世間を糾したい」演劇はあまり好きではないです。
それは僕にとって演劇が娯楽だからだと思います。
見てて楽しい物であってほしい。

だから、妙にひねくれた小難しい劇っていうのは、
毎回「うーん」っていう感想しか出てこないのですが、
双数姉妹さんは別格です。

難しい。
双数姉妹さんに対してこの言葉を使うときは、
「表現がすごすぎて理解が追いつかない」
その表現はもちろん演技。照明。音響。
圧倒されてしまうわけです。「そんな工夫があったのか!!」って。

今回も同じく圧倒されました。

まず、暗転がない。っていうか照明変化がない。

次に、BGM、SEとかいった音響がない。

そして、脚本がない。セリフが決まってない。

壮絶なエチュード(即興劇)だったわけです。

しかも役者さんも

「見ざる(アイマスク着用)」
「聞かざる(大音量再生中密閉式ヘッドホン着用)」
「言わざる(マスク着用)」

それぞれ制限のある中で演技をしてました。

人と人とのふれあい、伝達の表現、
ただ言葉が発せられないだけで、聞こえないだけで、見えないだけで、
とんでもないことになるってことがわかりました。

スタッフ側の工夫も面白い。

舞台とお客に隔たりがないように照明が客席にも当てられてた。(暑い)
入場するとき舞台上から入る。(舞台美術にも触れる)
可愛い水玉衣装なのに、なんだか危なげ(そこが狙い)

脚本・演出の方が
「そろそろ他の方の真似事だけしてでもつまらないかと思った」
(ちょっと違ったかな。。。)
って、言ってたのが印象的でした。

なんだか、まだまだ世間が狭いこと、可能性があることを
思い知った気がします。

まだまだ、やっているようなので、皆様是非、赤坂へ。

追記

本日より、各記事に「Google +1ボタン」をつけてみました。

個人的には早く「Google+」のインビテーションが届いて欲しいのですが、
まだまだ来ないご様子。
備えあれば憂いなしってことで。

過去記事にも反映されてますので、是非気に入った記事がありましたらぽちっとワンクリック(タップ?)お願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Pin It on Pinterest