ちゃんとしたレビューは後日しますが、メインスマホを「Xperia 5 SO-01M」から「Xperia 5 II SO-52A」に買い換えました。

3キャリアの中では最も販売が遅れたドコモ版ですが、サプライズとしてなのか、ドコモオンラインショップ限定カラーとして「パープル」が追加されました。もともと自分はドコモで購入するつもりだったので、迷わずパープルを購入。先週あたりから使い始めました。

しかし、Twitterでも書きましたが、本体購入時、ドコモオンラインショップにはケースがなく、とりあえず急場はレイ・アウトのソフトケースでしのいでいました。

今回、ドコモオンラインショップで、専用スタンド付きケースも買えたので、開封の儀も兼ねて記事にしておきたいと思います。

パープルを100%楽しむなら、純正ケース一択

改めて、今回買ったケースはソニー純正の「Style Cover with Stand XQZ-CBAD」のパープルです。Xperia 5 IIのパープル同様、ドコモオンラインショップ限定販売です。価格は3828円(税込、送料無料)。

外箱はとても薄いですが、ドコモオンラインショップからは60サイズ未満の段ボールで届きました。同梱物はケース自体と取扱説明書の紙だけ。

外箱の裏には製品の特徴が書かれています。最大の注目点はやはり「パーフェクトカラーマッチ」の文言じゃないでしょうか。装着をしてみると、たしかに本体色とほとんど同じに感じます。

よくスマホのカラーバリエーションを悩んでいるときに「まあ、どうせケース入れるし」と考えるときもありますが、純正はこのようにセットで合わせられるので好きです。

スタンドは「横置き専用」「縦置き非対応」

色以外の点で言えば、今回のカバーは背面に「足」がついています。足を引っ張り出すことで自立するので、動画視聴時や放置系のゲームを見るときに便利です。

Xperia 5 IIはXperia 5と比べて、フロントスピーカーがきちんとデュアルフロントに進化しています。まさに、音楽や動画を視聴するにはピッタリです(自分はよく出張時に使っています)。

ちなみに、ケース付属の割にはしっかりとした作りで、ちょっと突いた程度では倒れません。

注意点としては、縦置きはできないという点です。ちょっと試してみましたが、足の部分に負担がかかりすぎるようです。説明書にも縦置きは不可と明記されていました。縦置きはしない方が良いでしょう。

ケースとしての防御力は少し不安?

さて、ケースとしての基本性能・・・・・・カバー範囲をチェックしてみると、実はちょっと頼りなく感じるところがあります。

このケース、左右と下側面があまり守られません。Xperia 5の「Style Cover View SCVJ10」はボタンまで覆うタイプだったのですが、Style Cover with Stand XQZ-CBADは基本四隅で支えて、上側面をカバーします。

背面と上側面、四隅から落ちた場合は大丈夫そうですが、そのほかは厳しそうです。つなぎに使っていたレイ・アウト製のクリアケースの方が全般的な防御力は高い気がします。

ちなみに、Xperia 5 IIの純正ケースはこのスタンド付きカバーしかありません。色とフィット感重視で純正を選ぶか、「Made for Xperia」仕様のサードパーティーで好みのものを選ぶかと言った具合でしょうか。

とりあえず、自分はこの色に惚れ込んだので、純正ケースを使い続けたいと思います。

関連リンク

「SO-52A Style Cover with Stand」(ドコモオンラインショップ)の購入は以下のバナーから


本記事の外部リンクには一部アフィリエイト契約によるものが含みます。リンク先のページで商品を購入・予約などを行うと、筆者に一定の収益が発生します。詳しくはこちら