2020年は何か縁があるのか4回ほど大阪出張に行っており、その4回目にあたる11月30日に知人のFacebook投稿で「本日、ドコモショップがリニューアルしてコワーキングスペースに!」という投稿を見たので、行ってみました。

場所は「d garden 東梅田店」。ドコモショップ東梅田店が改装されて、コワーキングスペースや5G体験コーナー、メルカリ教室などが設置されています。

今回は仕事の合間ということで中をゆっくり見ることはできませんでしたが、実際にコワーキングスペースで仕事をしてみたので、カンタンにレポートします。

エリア内には3種類の席、無料貸出品があり

d garden 東梅田店内はドコモショップエリアとd gardenエリアの2種類にわかれています。入ってすぐはドコモショップエリアとなり、いわゆる一般的なドコモショップで店に入ると受付の方に「予約はありますか」などと聞かれます。

コワーキングスペースをただ利用するだけであれば、予約は不要。「コワーキングスペースを使いに来ました」と言えば、奥に案内してもらい、専用の窓口で料金や設備の説明を受け、コワーキングスペースであるd gardenエリアに入れます。

d gardenエリアには「オープンな机」「ドームを半分に切ったような半個室」「完全個室となるテレキューブ」の3種類の作業スペースが用意されています。前者2つは空いていれば自由に使えますが、テレキューブに関しては2つしかなく、埋まっていれば使えません。

利用者向けには、以下の無料貸し出しが行われており、受付時や利用開始中に受付の方に言えば用意してもらえます。

  • 5G Wi-Fiルーター
  • ディスプレイ
  • キーボード
  • 延長コード
  • シェア(モバイル)バッテリー
  • ホワイトボード
  • リングライト

なお、各席には電源あり。エリア内で食事は厳禁となっていましたが、フリーのドリンクバーを飲む分にはOKとのことでした。

半個室の席は集中できる、5Gルーターには少し感動

オープン初日なのか利用者は少なかったので、場所はほぼ選び放題。オンライン会議の予定があったので、半個室っぽいドーム型の囲いのある席を選びました。

ちなみに、オンライン会議については受付で「イヤホンを利用すればOK、ただし声の大きさには注意」と案内されました。まわりの音や自分の声が気になる人はテレキューブを選んだ方が良いですね。

机の奥には電源が2つに、充電用のUSB端子が1つ用意されており、PCとスマホととタブレットと……とたくさんガジェットを持っている人でも安心して充電できます。

席上部にはライトもあり、明るさはバッチリ。まわりの人が視界に入ってこないので、結構集中できます。椅子にクッションはないので、長居するのはちょっとキツいかもしれません。

エリア内はd Wi-Fiがとんでいるので本当はそこにつなげばいいのですが、今回はせっかくなので5G Wi-Fiルーターをレンタル。「Wi-Fi STATION SH-52A」が渡されました(まあ今はドコモではこの1種類しかないですしね)。

自分は東京在住で通勤時などに5Gを掴むことはたまにありますが、こうして5G環境下で実際に仕事をするのははじめてです。とりあえず、手持ちの「Xperia 5 II SO-52A」で速度計測を数回やって「ムフー」と満足。その次に、PCを5G Wi-Fiルーターにつなげました。

Wi-Fiより早いか?と聞かれると比べてないのでわかりませんが、直近の取材で撮った合計4〜5GBほどの写真ファイルがサクッとDropboxに同期できたのにはちょっと興奮しました。体感ではありますが、普段4Gでのテザリング環境下やホテルのWi-Fiなどでアップしているよりは断然速かったと思います。

会員料金はdポイントクラブ会員などであればOK

料金は、dポイントクラブ会員かd払い利用、東梅田店マイショップ会員であれば30分300円もしくは1時間600円で、15分の延長ごとに150円。

いずれの会員でない場合とテレキューブ利用時は30分500円もしくは1時間1000円、延長料金は15分ごとに250円。テレキューブ利用の場合は「15分250円だけの利用」も可能です(いずれも税込)。

なお、12月31日まではオープン記念価格で、会員・非会員・テレキューブ利用に限らず、30分200円もしくは1時間400円、15分ごとの円超で100円です(いずれも税込)。

コワーキングスペースは職業柄いくつか使ったことがありますが、月額会員以外は使えないor料金が割高など“非会員が利用するにはハードルが高い場所”というイメージが個人的にあります。

ただd garden 東梅田店の場合、実験的な部分もあると思いますが、キャリアフリーの共通ポイントであるdポイントの基盤「dポイントクラブ」に加入していれば会員料金になるので、ハードルは低いでしょう。

支払いは、現金のほかd払い(Cloud Payのユーザースキャン式)、クレジットカード、iDが利用可能。今回、自分は1時間ほど利用したので400円をd払いで支払いました。レシートはなんとA4サイズのドコモショップでお馴染みのフォーマットで出力されます。

駅に近い・5G対応とかなり魅力的な仕事スペース

たった1時間でしたが、仕事場所としてはかなり満足度の高い印象を受けました。5G対応ということを差し引いても「ネット環境がいいコワーキングスペース」というだけで、また来たくなります。

立地もJR大阪駅から地下道を通って(迷わなければ)徒歩5分ほど。だいたい大阪出張時は、なんだかんだと新幹線の時間を気にしながら仕事をすることになるので、駅が近いコワーキングスペースの登場は素直にうれしいです。

dポイントクラブユーザーは大阪に行った際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

関連サイト

dポイントが貯まる・使えるキャリアフリーの「d払い」登録は以下のバナーから。


本記事の外部リンクには一部アフィリエイト契約によるものが含みます。リンク先のページで商品を購入・予約などを行うと、筆者に一定の収益が発生します。詳しくはこちら