「スマホので充電がない!」「充電するための道具もない!」

そんなことが自分の身に降りかかろうとは、思ってもみませんでした。

厳密に言えば、モバイルバッテリーは持っていたのですが、モバイルバッテリーとスマホをつなげるケーブルを忘れてきてしまいました。

そこで、駅やコンビニなどによく置いてあるシェアモバイルバッテリーサービス「ChargeSPOT」(チャージスポット)を初めて使ってみました。

ChargeSPOTとは

さまざまな場所に置かれている「ChargeSPOT」の拠点。

ChargeSPOTは、モバイルバッテリーをレンタルできるサービスです。レンタカーの“乗り捨て”のように、同じChargeSPOTの拠点であれば、借りた場所と返す場所が別々でも問題ありません。

ChargeSPOTの拠点(設置場所)は、2021年4月末時点で全国2万6000カ所だそうです。

借りられるバッテリーの仕様は、容量5000mAh、出力5V2A=10W。急速充電などには非対応で、「iPhone 12/12 Pro」や自分の手持ちの「motorola razr 5G」であれば1回強程は充電できます。

最初からケーブルが3種類ついている(同時充電は不可)。

また、バッテリーには3本のケーブルが装備されています。

  • USB 2.0 Type-C:最近のスマートフォンや周辺機器など向け
  • USB 2.0 Micro-B:古いスマートフォンやカメラ、周辺機器など向け
  • Lightning;iPhone、iPadなどApple製品向け

通常時の利用料金は以下の通り。iPhone/Androidアプリやd払いアプリ内のミニアプリから支払い可能です。

  • レンタル開始から30分未満:165円
  • レンタル開始から48時間まで:330円
  • 48時間以降は1日あたり+330円
  • 5日間を超えた場合は、違約金を含めた3300円の支払いが必要

ケーブル&キャンペーンがあってよかった!

ChargeSPOTの実際のバッテリー。

今回ChargeSPOTを選んだ理由は主に2つ。

1つ目は、前述の通りケーブルがなかったので、ケーブルがついているものが選びたかったところ。

「ケーブルだけを買う」という手もありましたが、コンビニに売っているケーブル類って異様に高いので躊躇してしまいました(100円ショップがあれば、それでよかったんですが)。

ChargeSPOTの拠点は大抵画面つき。写真は返却時のもの。

2つ目は、値段というかキャンペーンです。

ChargeSPOTは5月1日から6月30日まで、d払いのミニアプリからの利用で、1回1円で借りられるキャンペーンをやっています。

48時間以内に返却する必要があること以外、制限は特になし。d払いのミニアプリなので、普段d払いを使っていれば、面倒な登録作業もほとんどありません。

充電スピードも都市部の拠点数も文句なし

d払いの支払い結果画面。今回は浜松町から有楽町に移動して返却。

そもそも今回スマホのバッテリーが尽きてしまったのは、外出先でスマホでZoom会議に参加していたところ、予想していたよりモリモリとバッテリーが減ってしまったからです。

PCなども開けられる場所もなく、仕方なく……といった具合だったので、正直焦りました。運よく1円のキャンペーンもやっていてよかったです。

電池使用量の画面。Zoomや音楽再生で結構電池を使っているのがわかる。また、途中で上がっているのはChargeSPOTのバッテリーで充電中のところ。

充電スピードは体感ですが、そこまで遅いと感じませんでした。バッテリーの重量が容量の割には重いですが、カバンに突っ込んでおけば気になりません。

周りを見てみると地下鉄やコンビニ、ドコモショップに設置されてあり、借りるのも返却するのも困らなさそうです。

キャンペーンが終わる前までにあと数回使おうかな、と思いますが、この値段設定であれば、キャンペーン終了後も緊急時用の選択肢として使うと思います。

d払いユーザーはぜひこの機会にお試しあれ。

なお、d払いに登録される方は、以下のバナーからどうぞ。

関連リンク


本記事の外部リンクには一部アフィリエイト契約によるものが含みます。リンク先のページで商品を購入・予約などを行うと、筆者に一定の収益が発生します。詳しくはこちら